核兵器解体基金



ウオーク資料館

 

 

Hope Begins on July 16th

ドキュメンタリー映画 - "Full Circle" An Epic Hope for Humanity

この壮大な旅は、核兵器による危機と、人類の運命を60年間にもわたり、無言に一歩一歩運んできた僧侶達への、我々の新しい視点を産み出してくれる事だろう…

Epic Walk

トリニティサイト

旅は、35番埠頭と世界的に有名なピア39の間の北側の歩道にて、大型帆船日本丸を背景に幕を開ける。カリフォルニア中から集まった多くの日本人や、この日のために世界中から駆け付けた人々が、埠頭からSBCパークまでを、僧侶たちと共に歩くのだ。その後、モーターホーム・キャラバン、ウオーカーたち、そして僧侶たちが「原爆の火」と共に250もの市町村を通り、世界中の平和行進者たちとこの歴史的な体験を分かち合いつつ、トリニティサイトへと歩を進める。ウオークは映像として記録され、後に映画の一部となる。

ウォーク中に集められた寄付により、世界で初めて一般民衆からの寄付による核兵器解体が行われ、解体された核兵器からでる鉄は、溶解され、ポップスター達に身につけられるブレスレットになり、そのブレスレットを売る事により、更に多くの核兵器を解体する資金となる。

 

 

Global Nuclear Disarmament Fund
One Market Street, Spear Tower Building Suite 3600. San Francisco CA, 94105

copyright(C) 2008 Global Nuclear Disarmament Fund all rights reserved.

Global Nuclear Disarmament Fund English Japanese Chinese French Spanish Korean German Russian Arabic