核兵器解体基金

 

 

 

核兵器解体基金とロシア原子力庁条約詳細で合意に達する

GNDFとロシア原子力庁条約詳細で合意に達する

モスクワ - ロシアのセントピーターズブルグにおけるG8首脳会談の前夜、ロシアの原子力庁「RosAtom」の役員たちと世界核兵器解体基金が、核兵器解体と破壊における公的参加のための道を切り開く歴史的条約協定書を具体化する条項理解に達したと発表する。

その協定書の条項の下で、私的配慮や公的寄付によって集められた基金は、はじめて、未来の全世界安全保障への直接的なインパクトを与える力を持つ権限を世界中の人々に与えながら、何千もの戦略核ミサイルや原子力潜水艦の解体と破壊を促進するために使われることになっている。核兵器からとられた放射性のない金属を、GND Fundによって元大量破壊の武器をトレンディーなアパレルに変え、核兵器撲滅を援助することがどこの誰にでも参加できる一つの方法として促進しながら、世界中の消費者に売れるようにするファッションデザイナーに流通させることになる。

この新しいプログラムによって破壊された武器は「運行可能なもの」と「使えないもの」の両方のカテゴリー状態から選択されることになる。この両方の単なる存在そのものが、全世界の市民たちの健康と安全保障に対して引き続く威嚇姿勢をとっている。このプログラムは5月22日の条約協定書調印後すぐに、一定のSS-24大陸間弾道弾と弾道弾を発射している更に有毒で技術的に難度の高い液体燃料使用のSS-N-18潜水艦の取り壊しと処理と共に開始される予定である。固形燃料使用SS-24クラスICBMの輸送と解体費用は、一基当たり約10万ドルそして更にその安全な処理に各2万ドルかかるであろうと予想されている。SS-N-18クラスは、その輸送と解体のための費用も合わせると約10万米ドルかかり、その有毒液体燃料の安全な処理に更に8万米ドルかかると見られている。

「運行不可能なものや、たとえ使えない核兵器といえども、盗まれてそれらを使いかねない無法国家やテロ組織の手に渡るという高い危険性があるのと同様に、重大な環境的脅威を見せる。」GND Fund総取締役マット・テイラーは言っている。

「8つの核兵器所有国全てがこの新条約協定書に参加することが予期されているが、アメリカ合衆国や他の核兵器所有社会が要請に続くように要求しながら、ロシア連邦がまず最初に始めることになるであろう。過去の条約協定書は戦略核兵器数の中で意味のある減少を導いたが、約束された減少値までに近づくことはなかった。そしてこれらの問題に関して公的参加を除外することによって、関係政府たちは故意でない核交換や民間集中地域に対して使用の意思を持つテロ組織による盗難の可能性に対して保障することができなかった。初めて、どこにいる人たちでも危険と共に生きるか、それとも核兵器のない世界に向かって動くか選択できるようになったのである。」

核兵器工場からHEU(高濃縮ウラン)やプルトニウムの摘出することによって、武器グレード材料は低核出力ウランと商業原子力発電所のためのロッドを生産するために混合されるので、急速にクリーンエネルギーの素になってきている。全世界核兵器解体基金によって依頼されたある研究では、全世界の核兵器工場の武器グレードウランとプルトニウムを使うことによって商業原子力発電所が地球全体に十分なクリーンエネルギーを現在の消費率で計算するとおよそ10年間供給できるという結果がでている。

Global Nuclear Disarmament Fund
One Market Street, Spear Tower Building Suite 3600. San Francisco CA, 94105

copyright(C) 2008 Global Nuclear Disarmament Fund all rights reserved.

Global Nuclear Disarmament Fund English Japanese Chinese French Spanish Korean German Russian Arabic