核兵器解体基金



ウオーク資料館

 


 

スティーブン・セガール:公共広告機構(AC)

スティーブンセガールさんと北米国際布教総監秋葉玄吾総監(左)SF禅センター僧侶慧岳夢中さん(右)25日間のウォーク中に流れるパブリックメッセージCMの撮影より

スティーブン・セガールCM

「私はスティーヴン・セガール。世界核兵器解体基金を代表してメッセージを発表している。

核兵器の開発の60周年を記念して、我々はあなたを“人間性のための”1600マイルの行進に招待する。そこであなた方は核兵器の恐怖がもたらされた最後の都市であるナガサキからやってきた禅の修行僧たちに心を尽くし、彼らに加わるものとして迎えられる。彼らは最初の原爆が炸裂したヒロシマの残り火からともされた原爆の火を、ニューメキシコ州トリニティサイトのトリニティ核実験場へ帰すためにやってくるのだ。

私、ネイティヴ・アメリカンの人々、科学者たち、かつて核実験を行った退役軍人たち、そしてヒロシマの火をその発端たるニューメキシコ州トリニティサイトのトリニティ核実験場へ帰そうと心を尽くす人々に加わってほしい。そして60年間にわたる恐怖の円環を閉じ、全世界の人々による始めての核兵器解体のための世界基金の第一歩を記すべき行動に加わっていただきたい。 この歴史的な行進の最後に立ち上げられる基金は、そのまま直接的に核兵器の解体を目指すものである。 山を越え、砂漠を渡り、60年の昔に始まった破壊の円環を閉じるための行進、サンフランシスコ発トリニティ行きの1600マイルの歴史的な行進に参加してほしい。

世界はこの円環を閉じ、新しい始まりを歓迎するだろう。そして世界からは核兵器がその数を減らしてゆくだろう。

私はスティーヴン・セガール。信義に篤き声なき人々の代表としてここにメッセージを伝えている。

我々は核兵器の恐怖の中で生きてきた60年を記念する。今日、世界にはなおも4千発を越す核ミサイルが存在し、ヒロシマの原爆の150万倍もの破壊力がアメリカやロシアの各都市に暮らす人々に向けられている。双方の政府ともに核軍縮の試みには失敗している。冷戦終結後15年が経過したが、核が盗まれること、あるいは事故的に核の応酬が起こることの危険性は現実のものであり、おそらくは人類に対する最も直接的な脅威となっている。」

"フルサークル(完全なる円環)”トリニティサイトへの帰還

“フルサークル(完全なる円環)”−トリニティへの帰還」は、現在大掛かりなドキュメンタリードラマとしての撮影が進行中である。本作は早ければ今年12月に、遅くとも来年5月にはリリースの予定。ナレーターを務めるのはスティーヴン・セガール。砂漠を越え、山脈を越えてゆく1600マイルの凄絶かつ壮大な行程は、トリニティサイトでの力強い沈黙の儀式へと到達し、最後の幕を閉じる。本作はこの撮影と同時に進行している、人道主義に基づいたとある平和運動を追ったものである。映画の第一部は、60年間に及ぶ恐怖の円環を閉じ、核兵器の脅威を減少させることで我々に続く世代の人々を力づけるための新しい円環を描き始め、そうして世界をつなごうとする禅僧たちの歩みを追うものである。第二部はノーベル平和賞の受賞者たち・核兵器の専門家たち・娯楽産業の第一人者たちによる一団を追う。彼らは私的基金を設立し、それを用いて核兵器を解体し、そうして世界的な非武装化運動の起点となることを目指しているのだ。
本作の制作は日米映画制作・プロデュースの第一人者であり、また世界核兵器解体基金の専務理事をつとめるマット・テイラーによるものである。

 

Global Nuclear Disarmament Fund
One Market Street, Spear Tower Building Suite 3600. San Francisco CA, 94105

copyright(C) 2008 Global Nuclear Disarmament Fund all rights reserved.

Global Nuclear Disarmament Fund English Japanese Chinese French Spanish Korean German Russian Arabic